最新の質問

当てはめにおける事実評価ができるようになるためには、①事実から評価をイメージするために必要とされるイメージ力、イメージを答案に反映するために必要とされる文章力、及び②当てはめで使う法規範の正しい意味に関する知識が必要です。 ①は、基礎学力的なものであり、答案練習を繰り返したり、良質な答案に目を通すことにより、イメージ力を高めるとともに、文章表現に慣れることになります。複数の事実をグルーピングして事実群に対する評価をするということも、①に属する能力です。 ②当てはめで使う法規範は、物理数学における公式です。公式の意味を深く正しく理解しているからこそ、公式を正しく分かりやすく適用することができます […]

2021年05月11日

まず、これから、法科大学院の授業で勉強したことのうち司法試験論文対策として有効であると思われることや、司法試験過去問や市販演習書を使った演習から得たことを一元化教材に集約するためにも、一元化教材は必要です。網羅性という点では、辰已法律研究所の趣旨規範ハンドブックでも構わないと思います。あとは、法科大学院の授業や演習を通じて、趣旨規範ハンドブックのうち司法試験対策として記述が浅い・足りない部分に知識等を補充することにより、趣旨規範ハンドブックを司法試験対策用の教材としてカスタマイズしていきましょう。 次に、インプットの方法には、①一元化教材を何度も読み込む方法と、②演習の過程で出てきた分野論点の […]

2021年05月11日

キーワードで絞り込み検索

最新の記事

民事系論文、本当にお疲れ様でした。 これで、司法試験の約3分の2を終えたことになります。 残すは、刑事系論文と短答3科目です。 民事系は、選択科目や公法系に比べて解答筋が不明瞭であることが多いので、初日以上に、自分の出来不出来が気になるかもしれません。 しかし、ここで過去を振り返ってはいけません。Twitterや5ちゃんねるに振り回られてもいけません。過去を振り返ることのないよう、自分をしっかりと律する必要があります。 こうしたことが、今、皆さんに問われています。 私から皆さんにお伝えしたいことは、以下の3つです。   中日の使い方 中日の使い方は、人によって異なると思います。 これ […]

司法試験の初日、本当にお疲れ様でした。 司法試験の初日は、試験時間が一番長いですし、一番緊張すると思います。 緊張から前日に十分眠れなかったり、復習が間に合わないため睡眠時間を削って試験に臨んだという方もいると思います。 今日は、しっかりと休み、明日の民事系論文に向けてコンディションを整えましょう。 私から皆さんにお伝えしたいことは、以下の3つです。 民事系論文で頭をフル回転させるためにしっかりと休む 明日の民事系論文では、頭をフル回転させる必要が高いです。 無理をして知識を詰め込むよりも、ちゃんと休んで脳を回復させたほうが良いです。 どんなに知識を詰め込んでも、頭の回転が鈍くなっているために […]

いよいよ、明日から司法試験が始まります。 新型コロナウィルス感染症の感染状況と緊急事態宣言中であることを踏まえ、今年も試験会場に立たないことにしました。 そこで、明日から司法試験を受けてくる皆様に、私からメッセージを送らせて頂きたいと思います。   論文全科目に共通する重要事項 論文試験で留意するべきことは多岐に渡りますが、特に優先順位が高いものが以下の7つです。 この7つは、最低限、守って頂きたいと考えております。 (1)自信をもって臨む 自信がないと、問題文を読んだ後のファーストインプレッションを信じることができず、深読みしすぎてしまう危険があります。 論点Aが問題になっていると […]

今期の司法試験・予備試験対策講座の内容、配信スケジュール等について、お知らせいたします。 今期販売する講座は、以下の6つです。 1.総まくり講座(基本7科目のインプット講座) 2.司法試験過去問講座(基本7科目の司法試験過去問の解説講座) 3.労働法速修テキスト講座(労働法の入門インプット講座) 4.労働法過去問講座(労働法の司法試験過去問の解説講座) 5.労働法重要問題100選講座(労働法の短文事例問題講座) 6.予備試験過去問講座(基本7科目の予備試験過去問の解説講座) 既存の講座である1、2、3及び4についても、最初から最後まで全て動画を収録しなおします。 1.総まくり講座及び2.司法試 […]

0

令和3年司法試験まであと2週間を切りました。 憲法論文の対策として、ここだけでは最低限守ってほしいことについて、簡単に紹介いたします。 . 1つ目は、何についてどう論じるべきかについて、問題文のヒントに従って判断するということです。 年々、被侵害権利として取り上げるべき人権、規制ごとの規制目的、規制の仕組み(何のために、何を、どう規制するのか)、規制の問題点について、問題文で分かりやすく誘導してくれる傾向が強くなっています。 その分、人権選択から目的手段審査による当てはめに至るまで、何についてどう論じるべきかについて、問題文のヒントに従って決める必要があります。 ここでは、法律知識や読解力では […]

0

講座提供元でのアップロード作業及び販売ページ作成が間に合っていないようなので、司法試験まで3週間を切っていることを踏まえて、令和2年司法試験「労働法」第1問・第2問の解説講義を無料で公開いたします。 誤解のないように申し上げますと、現在販売中の労働法過去問攻略講座の解説対象は平成18年から令和1年の問題までですから、令和2年分について無料公開することについては、さほど大きな問題はないと認識しております。 もし不快に思われる方がいましたら、緊急の必要に基づくやむを得ない措置であるとして、ご理解頂けますと幸いでございます。   令和2年司法試験労働法第1問 解説レジュメはこちら &n […]

令和2年司法試験合格体験記が全て揃いました。 合計9名の方々に合格体験記を作成して頂くことができました。ご協力頂き、誠にありがとうございます。 合格者インタビュー動画(5名分)につきましては、テロップ挿入等の編集をした上で、5月に公開させて頂きます。   谷口陸様 経歴 令和1年予備試験合格 令和2年東京大学法科大学院(既修)卒業 令和2年司法試験合格 成績 総合200番台 憲法A 行政法A 民法A 商法A 民事訴訟法A 刑法A 刑事訴訟法B 労働法60点台(上位15~16%) 受講講座 秒速・完全パック2020(秒速・総まくり+秒速・過去問攻略講座コンプ […]

0

令和3年司法試験まで約3週間です。 短い期間で、論文対策と並行しながらどのように短答対策をすればいいのかについて悩んでいる方もいらっしゃると思います。 司法試験の短答試験では、6割(105点/175点)取れば合格できます。 憲法及び刑法では、論文知識、論文的思考及び思考・読解のコツだけで解ける問題が6~7割あり、短答固有の細かい知識を使って解く問題は3~4割くらいです。なので、憲法及び刑法の短答対策としては、過去問を通じて思考・読解のコツを掴むことと、網羅性の高いテキスト(総まくりを受講している方なら総まくりテキスト)でA・Bランクの分野について条文、判例及び論点を確認することが重要であり、細 […]

本日から、令和2年司法試験解説講義の単年度版の販売を開始しております。 販売価格は、15,000円(税込)となります。 下記の画像をクリックして頂くと、購入ページに進むことができます。 なお、講座紹介ページはまだ公開されておらず、今週中には公開されると思います。 お急ぎの方は、上記の画面から購入手続をして頂ければと思います。

0

令和3年司法試験対策の一環として、2019年リニューアル版の労働法講座の受講者様に対して、私が作成したオリジナル問題を使った労働法の自主答練を無償で提供いたします。 既に各講座の受講ページに動画及びレジュメ一式をアップロードしております。 問題文、解説、採点表及び答案は全て私が作成したものであり、これらには出題予想、出題傾向及び採点方針が反映されています。 オリジナル問題を使った自主答練と復習により、出題可能性の高い論点についてしっかりと対策をするとともに、労働法の採点方針に沿った答案の書き方を身につけることで、今年の司法試験に向けた労働法対策を完成させましょう。 労働法の自主答練は、令和2年 […]

先ほど、令和2年司法試験論文の解説講義の動画及びレジュメのアップロードを完了いたしました。 秒速・過去問攻略講座コンプリート2021又は秒速・完全パックプラン2021の受講者様は、無料で上記講義を受講することができますので、受講ページをご確認頂けますと幸いです。 上記の講義は、15,000円でも販売いたします。販売ページの公開は今週中に公開されると伺っていますので、もう少しだけお待ちいただければと思います。 なお、令和2年司法試験労働法の解説講義の動画及びレジュメは、明日までにはアップロードが完了する予定とのことです。 同講義については、2019年リニューアル版の労働法過去問完全攻略講義、20 […]

0

刑法の三者間形式の問題における答案構成としては、小問及び自説で項目分けをする構成(以下「構成A」とします)と、自説を展開する途中で小問にも言及する構成(以下「構成B」とします)とがあります。 [構成A] 1.小問① 2.小問② 3.自説 [構成B] 1.要件a 2.要件b 3.要件c (1)小問① (2)小問② (3)自説 4.要件d 5.結論 いずれの構成によるべきかは、小問における対立が罪名の違いをもたらすものなのか、それとも同一罪名内におけるものにとどまるものなのかによって判断します。 令和1年司法試験設問2では、甲が窃盗未遂を犯した後に乙が甲との現場共謀に基づき事後強盗目的に基づく脅迫 […]

0

インプットとアウトプットの適切な比率は、科目と受験生によって異なると思います。 例えば、憲法、行政法及び刑事訴訟法のように、出題範囲が狭い上に本試験でレベルの問題の演習をしなければ問題文の読み方や科目・分野ごとの書き方を身に付けることが困難である科目については、インプットよりもアウトプットを重視した勉強することになります。これに対し、民事系3科目及び刑法については、記憶するべき条文・論証・処理手順が多いため、インプット重視の勉強になるはずです。 また、アウトプット経由でインプットをするタイプの受験生であれば、自ずと、インプットのためにもアウトプット重視の勉強をすることになるはずです。これに対し […]

0

憲法では、「保障→制約→人権の性質と規制の態様を考慮して違憲審査基準を定立する→当てはめ(目的手段審査)」という基本的な枠組みで処理する問題が多いです。 そのため、まずは上記の基本的な枠組みについて、正しく深く理解し、使いこなせるようになる必要があります。 保障→制約→人権の性質と規制の態様を考慮して違憲審査基準を定立する→当てはめ(目的手段審査)というフレームだけをおさえるのではなく、例えば、違憲審査基準の定立過程では規制の態様のうちどこまで具体的なことを考慮することができるのか、厳格度の異なる違憲審査基準ごとの基準の意味といったことについてまで正しく深い知識を身に付ける必要があります。 ま […]

0

辰已法律研究所で司法書士講座を担当なさっている松本雅典先生より、リアリスティックシリーズ新刊8冊をご恵贈いただきました。 リアリスティック①民法Ⅰ[総則]第3版 リアリスティック②民法Ⅱ[物権]第3版 リアリスティック③民法Ⅲ[債権・親族・相続]第3版 リアリスティック④不動産登記法Ⅰ第3版 リアリスティック⑤不動産登記法Ⅱ第3版 リアリスティック⑥会社法・商法・商業登記法Ⅰ第2版 リアリスティック⑦会社法・商法・商業登記法Ⅱ第2版 リアリスティック⑨供託法・司法書士法初版 松本雅典先生は、法律学習未経験の状態から学習をスタートし、たった5か月間で平成22年司法書士試験に一発合格され、その後、 […]

令和3年合格目標加藤ゼミの募集を終了させて頂きます。 合計50名近くの方々に参加して頂くことができました、誠にありがとうございます。 参加者の方々がゼミのカリキュラムを確認できるよう、カリキュラムの概要の公開を継続いたします。 なお、令和4年以降の司法試験・予備試験合格を目指す方々につきましては、5月リリース予定のリニューアル版の秒速・総まくり(基本7科目の中上級者向けインプット講義)、秒速・過去問攻略講義(司法試験過去問の解説講義)及び労働法講義(入門講義、司法試験過去問解説講義、労働法重要問題100選)、並びに7月リリース予定の予備試験過去問解説講義をご利用いただければと思います。 上記の […]

0

毎年、司法試験の1カ月くらい前に、直近の判例・裁判例が掲載されている「重要判例解説」(有斐閣)が発売されます。 有斐閣のホームページによると、令和2年度重要判例解説は、今年4月12日に発売予定とのことです。 令和3年司法試験の論文対策として読むべき令和2年重要判例解説掲載判例は4つだけ 令和3年司法試験の論文対策として令和2年の重要判例解説を読むべきかについてですが、私は、以下の判例を除き、読む必要はない(さらには、読むべきではない)と考えております。 令和2年2月28日最高裁判決被用者が使用者の事業の執行について第三者に加えた損害を賠償した場合における被用者の使用者に対する求償(逆求償)の […]

現在、令和2年司法試験の過去問解説講義を作成しているところであり、4月第2週中には、アップロードが完了するとともに、販売を開始できる予定です。 令和2年分の単年度販売や無料受講対象者の範囲等については、以下の通りです。 基本7科目の司法試験過去問の令和2年分 秒速・過去問攻略講座2021コンプリートには、取扱う問題に令和2年分も含まれているため、秒速・過去問攻略講座2021コンプリートの受講者様は無料で令和2年分の過去問解説を受講することができます。4月第2週中には、受講ページに解説動画及び解説レジュメがアップロードされます。 令和2年分については単年度販売も実施するため、秒速・過去問攻略講座 […]

令和2年司法試験の出題趣旨・採点実感を科目ごとにWordデータにしました。 選択科目については、労働法のみとなります。 . 憲法行政法 . 民法商法民事訴訟法 . 刑法刑事訴訟法 . 労働法 私は、司法試験過去問攻略講座のテキスト(問題文、解説及び答案の3部構成)を作成する場合、解説については、解答の流れに従って出題趣旨・採点実感を抜粋しつつ、基本書・解説書・判例集等の参考文献を使って説明を補充するなどしています。 解答の流れに従って出題趣旨・採点実感を抜粋する際、その準備として、出題趣旨・採点実感を科目ごとにWordデータ化しています。 令和2年司法試験の出題趣旨・採点実感についても […]

出題趣旨も採点実感も、自分の受験年度の司法試験で使う可能性が高いこと(知識、ルール等)を確認し、習得するために読むものです。 例として、多くの問題に共通する汎用性の高いこと、多くの受験生が従うことができることなどを挙げることができます。 反対に、自分の受験年度の司法試験で使う可能性が極めて低いことについては、読んでも司法試験で使わない可能性が極めて高いのですから、無視して構いませんし、むしろそうすることが望ましいともいえます。 例として、当該問題に固有の細かいこと、難しすぎて大部分の受験生が従うことができないことなどを挙げることができます。 以下では、令和2年司法試験憲法の採点実感を使って、確 […]

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

司法試験・予備試験講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部
慶應義塾大学法科大学院(既修)
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習も終え、現在は、資格スクエア・BEXAで基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当

(開講中の講座)
・秒速・総まくり2021
・秒速・過去問攻略講座2021
・労働法速修テキスト講義・2019年リニュ
 ーアル版
・労働法過去問攻略講義・2019年リニュー  アル版
・労働法事例演習解説講義・2020年リニュ
 ーアル版
・令和3年合格目標加藤ゼミ

(執筆)
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧