ぎりぎり不合格の場合に短答・論文のどちらに力を入れるべきか

例えば、短答120点で論文の成績を含む総合評価ではぎりぎり不合格だったが、短答が130~140点だったらぎりぎり最終合格できていたという場合に、勉強量と点数と相関しやすそうな短答で140点付近を目指して短答に重点を置いた勉強をしようとしてしまいがちです。

しかし、最終合格の確実性を高めるためには、論文の実力を底上げすることに重点を置くべきです。

理由は主に3つあります。

①来年は法科大学院最終学年で司法試験を受験する受験生が出てくることにより、母集団の数と質が上がるため、合格ラインが高くなります。したがって、今年の合格ラインを前提として、それをちょっと超える水準を目指して勉強をしても、合格ラインには到達しません。そして、短答であと20点ほど高くとっても、今年の論文の実力のままでは、総合評価で合格ラインに到達しません。したがって、総合点に占める割合が圧倒的に高い論文の実力を底上げするべきです。

②短答の実力を120点まで伸ばす勉強と、140点まで伸ばす勉強は、次元が異なります。短答では、130点、140点、150点と行くにつれて、要求される勉強量がぜんぜん違ってくるので、短答で高得点を取るための勉強をすることは、コストパフォーマンスが悪いですし、確実性にも欠けます。これに対し、論文では、55点から60点くらいの水準であれば、勉強の方向性が間違っていない限り、目指すのは難しくありません。また、例えば、途中答案、文章力の低さ、問題文のヒントに従う姿勢の低さといった全科目又は複数科目に共通する改善点を克服することができれば、全科目の総合点が底上げされるとともに、出題内容に左右されにくい武器を身に付けることもできるため点数が安定します。したがって、論文の実力を底上げする勉強に重点を置くほうが、コストパフォーマンスも確実性も高いです。

③論文で1000位以下/3000人という程度のレベルだと、実力が不安定であるため、問題との相性により点数がもっと下がることも珍しくありません。したがって、仮に来年の司法試験の合格ラインが今年と同程度であると仮定しても、短答を120点から140点まで伸ばすことにより合格ラインに到達する確実性は低いです。こうした意味でも、論文の実力を底上げする勉強に重点を置くほうが、確実に最終合格に近づくといえます。

以上が私の考えです。

参考にして頂けたらと思います。

講義のご紹介
もっと見る

コメントする

コメントを残す

コメントをするには会員登録(無料)が必要です
※スパムコメントを防ぐため、コメントの掲載には管理者の承認が行われます。
※記事が削除された場合も、投稿したコメントは削除されます。ご了承ください。
PVアクセスランキング にほんブログ村

法律コラムのカテゴリ

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧