論証にマーカー・アンダーラインを引く意味

0

久しぶりにブログを更新しました。

今日は、論証にマーカー・アンダーラインを引く意味について、紹介いたします。

総まくり講座2021と労働法速修テキスト講座では、記憶の範囲と優先順位を明確にするために、4色のマーカー・アンダーラインの指示をしています。

もっとも、テキストにマーカー・アンダーラインを引くことには、上記のほかに、論証の構造の理解を促進することにもあります。

私のマーカー・アンダーライン指示における色分けは、以下の通りです(なお、優先度は、マーカー>アンダーラインです)。

ブ  ル  ー:解釈の結論(規範を含む)、原則

ピ  ン  ク:理由付け、趣旨

オレンジ:反対利益、例外
※アンダーラインでは「赤」を意味する</span >

グリーン:テクニカルターム、問題提起(意識)

以下は、会社における「瑕疵ある取締役会決議の効力」に関する論証です。

1段落目は、原則論の部分であり、この原則論を支えている理由付けが「瑕疵ある法律行為は無効であるとする私法の一般原則」です。

そこで、1段落目のうち、理由付けである「私法の一般原則」にはピンクでマーカーを引き、解釈の結論である「瑕疵ある取締役会決議は原則として無効である」にはブルーのアンダーラインを引いています。

解釈の結論である「瑕疵ある取締役会決議は原則として無効である」がブルーのマーカーではなく、アンダーラインにとどまるのは、当該部分が規範ではないため正確に記憶する必要が低いからです。

2段落目は、例外論の部分であり、この例外論を支えている理由付けが「法的安定の要請」という反対利益であり、規範が「当該瑕疵が決議に影響を及ぼさない認めるべき特段の事情」です。

そこで、理由付けである「法的安定の要請」にはオレンジのマーカー、規範である「当該瑕疵が決議に影響を及ぼさない認めるべき特段の事情」にもオレンジのマーカーを引きます。

例外論には、解釈の結論として、上記の規範もあります。この規範は、答案に正確に書けるように記憶する必要が高いですから、原則論における解釈の結論と異なり、アンダーラインではなくマーカーを引きます。

最後に、2段落目における「例外的に決議は有効であると解すべきである」という部分は、規範ではありませんから、原則論における解釈の結論と同様、赤のアンダーラインにとどまります。

上記の説明を読んだうえで、画像中の論証を見てみると、論証の構造が一目瞭然だと思います。

理想的には、自力で論証の構造を読み解いてマーカー・アンダーラインを引けるようになることです。

これができるようになると、論証の理解・記憶が一気に促進されるとともに、現場思考問題で論証を構築しやすくなります。

今後のインプットの際に、参考にして頂きたいと思います。

講義のご紹介
もっと見る

コメントする

コメントを残す

コメントをするには会員登録(無料)が必要です
※スパムコメントを防ぐため、コメントの掲載には管理者の承認が行われます。
※記事が削除された場合も、投稿したコメントは削除されます。ご了承ください。
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧