二回試験の合否発表を受けて

0

先ほど、第73期司法修習生の二回試験の合否発表がありました。

今年の二回試験を受験した方々にお伝えしたいことが、4つございます。

1.進路選択の正解は1つではない


合格者の多くは、所属先も含めて第一次的な進路が決まっていると思いますが、これから仕事をしながら今後の進路について悩むことがあると思います。

まだ第一次的な進路が決まっていないという方は、就活等もやりながら今後の進路について考えることになります。

進路選択における正解は人ごとに異なります。

自分にとってのベストな選択が、業界の多数派のイメージと一致する人もいれば、一致しない人もいます。

司法試験合格者というグループに属する人たちにも、個々の人格があり、得手不得手も人生観も人ごとに異なります。

お金を稼ぐことが当面の最優先事項である人もいれば、そうでない人もいますし、お金を稼ぐためのベストな方法も人ごとに異なります。

どんな仕事をするのか、どんな人たちとどんな場所で仕事をするのか、1週間のうちどれくらい仕事に使うのか、弁護士として独立するのか、法曹以外を(も)やるのかといったことについても、ベストな選択は人ごとに異なります。

業界の多数派のイメージを無視しろとまでは言いませんが、多数派のイメージに流されることなく、自分が納得できる道に進んでほしいと思います。

さらに言えば、自分にとってのベストな選択も1つではないと思っています。結局は、人生の主人公である自分がどう思えるかなので、「これで良かった」と自分が満足できるような生き方と考え方をすることができるかが重要なのだと思います。

2.自分も一個の人格を持った一人の人間であることを忘れない


ちょっとネガティブな話になりますが、大事なことなので、お話しいたします。

法曹として仕事をする方々の多くは、期日等に追われる生活を送ることになります。

私は、弁護士登録すらしていませんが、大量の事件を抱えている弁護修習先の先生が期日等に追われる姿を数カ月間見ましたし、長年にわたり弁護士である祖父・父・姉を見て弁護士の独特の忙さを痛感しています。

顧問先や手持ち事件が増えるにつれて、数か月後までスケジュール帳がびっしり埋まるようになります。ボランティア的な仕事もやるのであれば、もっと忙しくなります。

誰かのために、社会のためにという志をもって仕事をすることは、とても素晴らしく、尊いことです。

ですがその一方で、自分も一個の人格を持った一人の人間であることを忘れないでほしいです。

最初は難しいかもしれませんが、法曹としての自分と人間としての自分のバランスを取れるようになってほしいと思います。

極端な働き方をすると、本当に、あっという間に時間が過ぎていきます。

3.今やっていること・やろうとしていることを今後も持続できるかを考える


前記2にも少し関連することです。

法曹に限らず、仕事で経験を積むにつれて、自分がプレイヤーとして出来ることの幅が広がるとともに、こなせる仕事量も増えていきます。

初めのうちは、成長を実感することができるし、収入も増えるでしょうから、嬉しいと思います。

その一方で、やり方を工夫・改善しなければ、今やっていることやこれからやろうとしていることを今後も持続することが困難であるという時期がやってきます。

可処分時間と体力には限界があるからです。

初めのうちは経験を積むために仕事をこなすことに集中することになるでしょうが、その一方で、今やっていること・やろうとしていることを安定して持続させるための工夫等についても考てみるといいと思います。

4.不合格だった方へ


自分は司法試験合格者だということを忘れないでください。自分の価値を見失わないでください。

それから、絶対に、今後の人生で引きずらないでください。たとえ、一部の人間からネタにされるようなことがあってもです。

私は一度、不合格(検察)を経験しています(詳細はこちら)。

秘密は厳守しますので、話す相手が必要であれば、TwitterのDM、本ブログのお問い合わせコーナー、又は私の仕事用のメールアドレス(kato.t.msst@gmail.com)にご連絡頂ければと思います。

その後、電話するか直接お会いするなどして、今後のこと等について相談して頂ければと思います。

講義のご紹介
もっと見る

コメントする

コメントを残す

コメントをするには会員登録(無料)が必要です
※スパムコメントを防ぐため、コメントの掲載には管理者の承認が行われます。
※記事が削除された場合も、投稿したコメントは削除されます。ご了承ください。
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧