解答筋に乗るための勉強だけで不十分です

0

論文試験対策の一つとして、既存論点で論点落としをしないために、問題演習を通じて事案と論点の対応関係を確認し、記憶する(答案構成を記憶するなど)という勉強法が挙げられます。

上記の勉強法により事案と論点の対応関係を記憶しておくと、同種事案が出題された場合に当該論点を抽出することができるため、論点落としにより解答筋から外れるという事態を防ぐことができます。

合格圏内の受験生が正確に抽出してくるであろう重要論点については、論点の落としのリスクを減らすために、事案と論点の対応関係を記憶しておくという、解答筋に乗るための勉強をしておくことも大事です。

もっとも、司法試験でも予備試験でも、必ずといっていいほど、自分にとって解答筋が不明瞭である問題が出題されます。

マイナー分野からの出題や現場思考論点はもちろんのこと、既存論点が捻った形で出題されることもあり、こうした場合には、解答筋の段階で悩むことになります。

こうした問題で解答筋に乗ることができなくても、合格水準の評価を得られるような勉強をしておく必要もあります。

5ちゃんねる(旧:2ちゃんねる)を見てみると、試験後に考えても明確な答えが出ない問題の解答筋について色々と議論している人を見かけますが、敢えて厳しい言い方をすると、論文試験の本質を見誤っていると思います。

全ての問題について、「このように書かなければ点数を与えないという意味での解答筋」がいくつか用意されており、その解答筋に乗ることができなければ点を与えないという方法で採点するのであれば、典型論点に関する限界事例問題や現場思考問題を出題するはずがありませんし、設小問を増やすことで設小問ごとの事例をもっとシンプルなものにするはずです。

出題趣旨・採点実感では、一応、難しい問題についても解答筋っぽいものが示されますが、これに乗らなければ合格点がつかないのかといえばそうではありません。

難しい問題では、『問題文のヒントを大きな枠組み・条文・規範の適用を通じて法的に構成し、文章化して答案に反映する』ために必要とされる、基本事項の深い理解、思考力、文章力、読解力、具体的事案を解決するという姿勢等が問われています。

なので、『問題文のヒントを大きな枠組み・条文・規範の適用を通じて法的に構成し、文章化して答案に反映する』ことができている、換言すれば、『基本事項の深い理解、思考力、文章力、読解力、具体的事案を解決するという姿勢等』が答案にちゃんと現れているのであれば、解答筋に掠ることすらできていなかったとしても、合格点、さらには高評価を得ることも可能です。

したがって、解答筋に乗るために事案と論点の対応関係を記憶するだけでなく、解答筋が分からない問題において『問題文のヒントを大きな枠組み・条文・規範の適用を通じて法的に構成し、文章化して答案にする』ために必要とされる底力も身につけておく必要があります。

試験本番でも、普段の学習でも、分からない問題や難しい問題で正解思考に囚われすぎないことが重要です。

そして、過度な正解思考から脱却し、上記の底力を身につけるための勉強をしようと思えるようになるためには、司法試験・予備試験過去問の演習・分析を通じて、論文試験では論述の過程が最も重視されているという論文試験の本質を体感する必要があります。

講義のご紹介
もっと見る

関連するタグ

コメントする

コメントを残す

コメントをするには会員登録(無料)が必要です
※スパムコメントを防ぐため、コメントの掲載には管理者の承認が行われます。
※記事が削除された場合も、投稿したコメントは削除されます。ご了承ください。
PVアクセスランキング にほんブログ村

法律コラムのカテゴリ

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧