司法試験で4回以上出題されている判例・論点

司法試験過去問の出題分析の着眼点はいくつもあるのですが、今回は、出題頻度の高い判例・論点を整理してみました。

以下の判例・論点は司法試験過去問で4回以上出題されています。

・絶対的特信情況(刑訴) 8回
・特別利害関係株主(会社) 7回
・共謀共同正犯(刑法) 7回
・裁量基準が絡まない判断過程審査(行政) 6回
・刑法上の因果関係(刑法) 6回
・裁量基準から逸脱した裁量権行使(行政) 5回
・取締役の監視義務違反(会社) 5回
・共同正犯者間の抽象的事実の錯誤(刑法) 5回
・薬事法事件(憲法) 4回
・明確性の原則(憲法) 4回
・後続行為との連動性に着目した処分性判断(行政)4回
・信義則による後訴における審理判断の制限(民訴)4回
・訴えの主観的追加的併合(民訴) 4回
・被疑事件との関連性の認定(刑訴) 4回

9月10日(土)・17日(土)に東京で、9月11日(日)に大阪で、司法試験の出題分析&講座説明会を開催いたします

当日は、出題分析をするために参照する資料として、プレテストを含む過去18年分の司法試験過去問における頻出分野論点10選をまとめた資料も配布いたします。

司法試験の出題傾向を深く正しく分析をすることで、令和5年以降の司法試験合格に向けた最高のスタートを切って頂きたいと思います。

講義のご紹介
もっと見る

コメントする

コメントを残す

コメントをするには会員登録(無料)が必要です
※スパムコメントを防ぐため、コメントの掲載には管理者の承認が行われます。
※記事が削除された場合も、投稿したコメントは削除されます。ご了承ください。
PVアクセスランキング にほんブログ村

法律コラムのカテゴリ

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧