令和2年司法試験合格者 M.S様

M.S様
出身大学:同志社大学法学部、 同志社大学法科大学院(既習)
受験回数:2回
総合順位:641位

プロフィール

M.S 様
同志社大学法学部 卒業
同志社大学法科大学院(既習) 卒業
令和2年 司法試験合格

 

受講講座

  • 秒速・総まくり2019(資格スクエア)

 

成績

総合 907点 641位

論文 445点 656位

公法系 120点(憲法A 行政法A)

民事系 164点(民法B 商法A 民事訴訟法A)

刑事系 119点(刑法B 刑事訴訟法A)

 選 択 41点

 

加藤先生の講座を選択した経緯・理由

1回目の司法試験を受験して基本的な知識のインプット不足を痛感し、基本的な知識の穴をなくす必要性を感じました。そこで、基本的な知識を網羅的にインプットし直せる講座を探しました。また、次の受験まであまり時間の余裕がなかったことから、比較的短時間で受講が可能でコンパクトにまとまっていることも重視していました。

秒速・総まくり2019は基本的な知識が7科目セットでコンパクトにまとまっており時間の無い中でも無理なく受講することができることと、テキストの中に論証が載っているため司法試験会場に持っていける教材を作ることができると考えたことから、秒速・総まくり2019の受講に至りました。

 

講座・教材の使い方

複数の科目を並行して、1日に受講する講義のコマ数を決めて受講していました。次の日に前日分を復習し、理解が不十分だった点については再生速度を速めて視聴し直していました。

1コマが概ね1時間程度にまとめられているので、空いている時間に1コマずつでも進めることができました。

 

講座・教材が令和2年司法試験・予備試験にどのように役立ったか

(1)出題内容との関連性について

    • 例えば、刑事訴訟法では、総まくりテキストや講義で当てはめの仕方まで含めて詳細かつ丁寧に解説してくださっていた類似事実証拠による犯人性立証の可否が出題されました。この論点についてあまり学習が進んでいませんでしたが、コンパクトな論証と加藤先生の解説を思い出して他の受験生に差をつけられない程度に守りの答案を書くことができました。その甲斐もあり、刑事訴訟法では70点近い高得点をとることができました。

(2)総まくり講座の講義について

    • 民法では、事案が複雑な場合でもそうでない場合でも加藤先生が図を書いて具体的に事案を説明してくださったので、とても分かりやすく、事案がイメージしやすかったです。
    • 憲法では、テキストには重要判例が網羅的にかつ長文で引用されているのですが、講義の際にその中の重要部分を抽出しつつ解説してくださったので、復習の際にメリハリをつけやすく、復習がしやすかったです。また、憲法の判例をどう読み込んでいくかについても解説があり、憲法が苦手な私にとって憲法判例の読み方を習得できるよい機会となりました。

(3)方法論について

    • 民法について、問題文から論点を抽出することが苦手で論点を落とすことが多かったのですが、事例問題を使って論点の抽出方法が解説されていて、民法の問題の考え方を習得するのにとても有益でした。

(4)教材について

    • 私は書き方が分からない論証について、悩んでしまい勉強が前に進まないことが多かったのですが、すべての科目に加藤先生の論証集がついており、論証の書き方が分からない論点についてもその論証を参考にすることができたので、論証の書き方に悩むことがなくなり勉強を効率的に進めることができました。
    • 令和2年司法試験を受験するにあたり、民法が改正されたので改正民法を勉強し直す必要性があったのですが、改正民法に対応したテキストと講義を総まくり2019の受講者にも提供してくださったので、改正民法の対策にとても役立ちました。
    • テキスト等の教材は全て加藤先生が作成されており、内容に信頼性があったと共に、内容や説明に一貫性があってよかったと感じました。
    • 旧司法試験が新司法試験にも役立つ民事訴訟法及び刑事訴訟法については旧司法試験の問題と答案例が適宜載っていました。旧司法試験の解説は市販のものが少なくなかなか参考にできるものがなかったので、総まくりテキストに掲載されておりとても役立ちました。そして、総まくりテキストに載っている問題をやっておけば旧司法試験の重要なところは十分にカバーできるなと感じました。

 

これから司法試験・予備試験を受験する方々へ

司法試験は努力の方向性を間違えなければ必ず合格できる試験であるとよく言われることがありますが、その方向性を見極め、修正して、正しい方向性を見つけることこそが一番難しいことではないかと思います。

基本書や演習書、予備校の講座等色々なものがあり、その取捨選択に悩むことが多いと思います。

総まくりテキストには、加藤先生自身の経験や司法試験の出題傾向の緻密な分析を通じて必要だと考えられた知識やノウハウが全て詰め込まれています。そして、その努力すべき方向性が示されています。

勉強の方向性に悩まれている受験生の方は、総まくりの講座を信じて受講されれば、きっと合格に必要な実力をつけることができると思います。

先の見えない勉強に心が折れそうになることもあるかもしれませんが、あきらめずに頑張ってください。

皆様の健闘をお祈りしています。

講義のご紹介
もっと見る
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧