平成30年司法試験合格者 M・T 様

M・T 様(女性)
出身大学:東京大学法学部 東京大学法科大学院
受験回数:回
総合順位:位

プロフィール

M・T 様(女性)
東京大学法学部卒業
東京大学法科大学院
平成30年司法試験に合格

 

受講講座

  • 平成30年司法試験合格目標加藤ゼミ(東京クラス)

 

加藤ゼミを選んだ理由

  • 学習面
    司法試験合格には、過去問の演習・分析が不可欠と感じていました。ですが、特定の科目・年度・論点を深堀りしすぎてしまう癖があり、出題科目を網羅的にカバーできていませんでした。そのため、過去問の演習・分析を行うペースメーカーが必要と考えたので、加藤ゼミを受講しようと思いました。加藤ゼミでは、予備校の答練等とは違い、加藤先生が「自分」という個人を認識した上で、詳細・丁寧な添削をしてくださるので(B5サイズの用紙に3枚ほど)、モチベーションを維持しながら、過去問の演習・分析を、網羅的に行うことができました。
    また、加藤ゼミ受講前には、想像していなかったのですが、過去問の分析について、ここまでやれば十分という範囲を示してもらえるので(逆にいえばそれ以上の深堀は不要)、過去問で理解できない箇所が多少あっても、加藤ゼミで言及されていないから、深堀りは不要だろうと割切りができ、効率が上がりました。
  • 精神面
    SNS・blog・掲示板等で、様々な合格者が、おすすめの勉強法、演習書等を開示しており、それ自体は助かるのですが、情報過多で、取捨選択が難しいと感じていました。また、司法試験は、大学受験とは違い、絶対的な正解がないことも多く、誰に聞けばよいか分からない疑問点が生じることもありました。
    加藤先生は、ASK.fmやblog等で、匿名の人の疑問にも適確・丁寧に対応していらっしゃったので、勉強法、演習書、疑問点等は全て加藤先生からお聞きすると決めれば、迷うこともなくなり、精神面での負荷が少なくなると考え、加藤ゼミを受講しました。実際、加藤先生は、どんな質問にも真摯に、丁寧に答えてくださったので、何かあれば加藤先生に聞けば大丈夫と、安心して受験生活を過ごすことができました。司法試験の中日に、2日目の失敗に気づいた時も、加藤先生にメールしたところ、力強く励ましていただいたので、何とか3日目・4日目も乗り切ることができました。

 

加藤ゼミの感想等

  • 加藤ゼミのカリキュラムがどのように合格に役立ったのか
    直接的に役に立ったと感じているのは、勉強会、特に民事訴訟法です。先生が予測されていた問題がほぼそのまま出ました(ように記憶しています)。他の科目においても、論点の的中率が高かったような気がしています。
    また、過去問分析は一通り行っていましたが、答案添削では、自分では認識できていなかった、理解不足について、何回も何回も指摘してもらい、理解を深めることができました。
    後述しますが、過去問解説では、出題された論点に固有の解説だけでなく、汎用性のある、分析・答案の書き方を教えていただき、合格に大変役立ちました。
  • 加藤ゼミをどのように使ったのか(予習・復習のやり方)
    加藤ゼミは、主に、過去問解説と勉強会の二部構成ですが、過去問・勉強会で、汎用性のある、分析・答案の書き方を、その時扱っている問題や論点に関連して、度々教えてもらいます。汎用性のある、分析・答案の書き方とは、例えば、行政法でいうと、法令違反か裁量違反のどちらを論じるか、民法・商法でいうと、過失は、不審事由→義務の設定→義務の懈怠で書く、等です。
    もっとも、おそらく、憲法・行政法を除いて、分析・答案の書き方それだけをまとめて教わる機会はないと思います。そのため、教えてもらった、分析・答案の書き方を科目毎にまとめて、簡単に見直せるようにしていました。
    予習については、特別なことはしていませんが、扱われる論点を、基本書・百選解説等で見直していました。これをさぼってしまうと、解説がなかなか頭に入ってこなかったので、せっかくのゼミの時間がもったいなかったです。
  • 反 省
    加藤ゼミでは、複数のクラスがあり、自分が所属するクラス以外の動画も見なければいけないのですが、ため込んでしまい、大変な思いをしました。心から反省しています。ぜひ、加藤ゼミの方は、アップロードされた週の内に絶対に見ていただければと思います。そうでないと、急いで、大量の動画を見ることになり、せっかくのゼミをうまく消化できないかもしれません。

 

最後に

  • 勉強面
    論文対策として、①司法試験の、汎用性ある、分析・書き方のマスター、②出題可能性の高い論点について、しっかり理解し、正確に書けるようにする、③論点を網羅的につぶすという3つが必要であると考えます。科目によって若干異なるかもしれませんが、優先順位としては、①>②>③だと思います。
    ①②③ができれば、手段方法は何でもいいと思いますが、加藤ゼミは、①②の強力なツールになります。
    ①は、加藤ゼミで身に着けることができます。余裕があれば予備校の答練や、加藤ゼミで取り上げられていない過去問演習で、実践できると思います。
    ②は、勉強会で教え頂けます。余裕があれば、予備校の答練や模試で、理解を深め、他の論点についても学習できると思います。
    ③は、加藤ゼミ自体で教えてもらうことはありませんが、おすすめの演習書や、やり方など、聞けばいつでも加藤先生に教えて頂けます。
  • 精神面
    SNS・blog・掲示板等で、様々な合格者が、精神論・心構えについても、書いています。一時期、それに振り回されてしまったことを反省しています。学習方法についてはともかく、精神論・心構えは、個人の学習環境や性格によるので、他の合格者の言葉をうのみにすべきではなかったです。自分の学習環境、性格、今までの受験体験を踏まえて、司法試験本番まで、継続的に、効率よく、勉強できるために、どうしたらいいか、を考え、実行するのが一番です。
    ネットで、ある合格者の方が「司法試験に合格するためには、寝食入浴以外は、司法試験に捧げる覚悟で勉強すべき」という趣旨のことを書いていました。また、加藤先生は、どこかで、今年が最後、絶対上位合格すると崖っぷちの気持ちで、自分を追い込んだと書いていらっしゃったと思います。
    しかし、このように、ストイックに追い込む方法は、私には合っていませんでした。焦ってしまい、勉強が頭に入ってこなくなってしまうからです。むしろ、趣味の時間や、友達・家族と楽しむ時間、バイトの時間、運動の時間をきちんと取り、司法試験受験生であるけれど、楽しくて充実した時間を送っているのだと、実感してすごす方が、結果的に勉強が頭に入ってきましたし、息切れしないで済みました。司法試験を一緒に受験する友達、他の資格試験に向け勉強中の社会人の友達と、それぞれ、週に1回会って、机を並べて勉強していましたが、よく集中できる上に、息抜きにもなって一石二鳥でした。
    これから司法試験を受験する方は、自分にぴったり合った、司法試験生活の過ごし方を見つけていただければ、と思っています。
講義のご紹介
もっと見る
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧