平成30年司法試験合格者 T・T 様

T・T 様(男性)
出身大学:慶應義塾大学法科大学院
受験回数:3回
総合順位:800位

プロフィール

T・T 様 (男性)
平成28年 慶應義塾大学法科大学院卒業
平成30年 3年3回目で司法試験合格

 

受講講座

  • 平成29年司法試験合格目標加藤ゼミ

 

成 績

平成30年
総 合 約800位/受験者5238人
論 文 880~890位 422点
公法系 98点 (憲法D 行政A)
民事系 147点(民法D 商法B 民訴B)
刑事系 116点(刑法A 刑訴A)
労働法 61点
短 答 約800位 合計137点(37点/59点/41点)

平成29年
総 合 約2000位/受験者5967人

 

加藤ゼミを知った経緯

加藤ゼミ受講生でない友人と受講生受験者である友人の双方からの紹介で知りました。

 

加藤ゼミを選んだ理由

  • 圧倒的な知識量と細かな分析
    司法試験の分析及び論点に関するブログ記事から、自分にはない圧倒的な知識量と細かな分析力を感じました。特に、自分は過去問分析が進んでおらずそこが弱点と感じていました。加藤先生のブログでは、試験問題の分析が細かくなされていました。また、ゼミカリキュラムを見ると過去問検討に力を入れていました。そこで、自分の弱点を克服し合格できると思ったため、受講しようと思いました。
  • 面談があったこと
    前の年度に1度不合格となりましたが、不合格の原因が分からず、このままではまた来年も不合格となるのではという不安が強くありました。そこで、不合格の原因を明確に指摘してもらえる面談があることが、受講の1つの理由となりました。

加藤ゼミの感想等

  • 去 年
    個別面談の結果を参考に、自分の弱点である、訊かれている重要論点の把握及び書き方を改善するための計画を立てました。訊かれている重要論点の把握を改善するために、加藤先生に薦められた演習書を使った演習、ゼミ(過去問解説)の復習及び勉強会の資料のインプットを行いました。もっとも、ゼミの復習は、単に過去問の論点をインプットするだけでした。訊かれている重要論点の書き方の改善として、ゼミでの答案添削を参考に、次回のゼミでの答案作成に活かすように意識しただけでした。
  • 今 年
    点数及び再現答案に対する合格者からのコメントを参考に、自分の弱点である、訊かれている重要論点の把握及び書き方を改善するための計画を立てました。具体的には、合格者から合格のためには修正が不可欠と言われた弱点を書き出し、それを改善する方法を具体的かつ実行可能な行動目標の項目としてリストを作り、随時見返していました。
    訊かれている重要論点の把握の仕方を改善するために、司法試験過去問、辰已法律研究所の答案練習及び受験生に評判の良い参考書を使った演習を行いました。演習の際は、上記のリストに照らし、行動目標の項目を実行できているか3段階評価でチェックしていました。
    去年ゼミで行った過去問解説の復習及び勉強会の資料のインプットについては、去年作成した資料を見返していました。インプットの程度は、重要とされる定義及び判旨について、本番で書ける程度に記憶するようにしていました。
    辰已法律研究所で答案練習を受ける際には、重要論点で書き負けた場合には、なぜ書き負けたのかなどの原因をしっかり考え、次には書き負けないように改善策を立てていました。具体的には、上記のリストに原因及び具体的な改善策を書き加えていました。
    訊かれている重要論点の書き方の改善として、辰已法律研究所の答案練習での答案添削を参考に原因を考え、次回の答案練習での答案作成に活かすように、具体的かつ実行可能な行動目標の項目としてリストを作り、随時見返していました。

 

平成29年司法試験不合格の原因

  • 重要論点で差をつけられたこと
    具体的には、論証部分で書き負ける、時間不足によりあてはめで書き負ける、そもそも触れることができていないなどです。
  • 自分の弱点を改善できていなかったこと
    自分の弱点は把握できていたものの、その原因の分析及び改善策の実行が全くできていませんでした。

 

最後に

司法試験の勉強は辛いですが、頑張った分だけ未来が開けると実感しています。しかし、そのためには正しい頑張り方を知る事が重要だと思います。

加藤ゼミで、自分の弱点と向き合うという正しい頑張り方を教わったことは、僕にとって大きな財産となりました。

受験生の方におかれましては、自分の弱点と向き合って未来を開いていって頂きたいと強く思います。

講義のご紹介
もっと見る
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
弁護士(第二東京弁護士会)
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧