質問コーナー「 司法試験・予備試験対策講座(基本7科目) 」
75件の質問

加藤ゼミナールのパック講座にお申込み頂き、誠にありがとうございます。 来期以降の再受講割引についてですが、少なくとも、70%引きといった大幅な値引きは予定しておりません。弊社では、アガルートアカデミー様と異なり、前の講座の講義動画を流用することはせず、リニューアルごとに全動画を収録し直しているからです。 こうした違いも踏まえながら、社内で、再受講割引の有無及び割引率について検討させて頂こうと思います。 貴重なご意見、誠にありがとうございます。

2021年06月09日

司法試験対策パックの受講を検討して頂き、誠にありがとうございます。 講義動画の公開だけでなく、教材(テキスト・論証集)の配送も、講義スケジュールに従いますので、先に7科目分の教材が一式届くということではございません。従いまして、講義動画が公開されるまでの間、他科目の教材を熟読するという勉強法を選択することはできません。お手数ではございますが、こちらから確認して頂けますと幸いでございます。 総まくり講座と司法試験過去問講座の1周目は、実力を底上げるする段階に位置するため、なるべく1科目ずつ短期集中で勉強なさることをお薦めいたします。そうしないと、記憶が定着しにくいことは勿論のこと、短期間で科目全 […]

2021年06月01日

総まくり講座2021におけるマーク・アンダーラインの指示動画の指示内容と講義中の指示内容とが異なる箇所があり、申し訳ございません。 マーク・アンダーラインの指示動画は、講義動画の収録をすべて終えてから収録していますから、マーク・アンダーラインの指示動画における指示が正しいです。 従いまして、マーク・アンダーラインの指示動画における指示を優先して頂ければと思います。

2021年06月01日

必須とまではいえませんが、司法試験過去問をやった上で余力があるのであれば、予備試験過去問までやった方がいいと思います。 特に、憲法(統治を除く)、行政法、会社法、民事訴訟法及び刑事訴訟法については、類題が出題される可能性が高いため、やっておくのが無難であると考えます。私が受験生の頃も、これら5科目(及び民事実務基礎の要件事実論)については予備試験過去問をやっていました。 参考にして頂けますと幸いです。

2021年05月29日

加藤ゼミナールの講座の受講を検討して頂き誠にありがとうございます。 大変恐縮ではございますが、総まくり講座2021と司法試験過去問講座2021のいずれについても、科目別での販売には対応しておりません。 ご検討頂けますと幸いでございます。

2021年05月28日

加藤ゼミナールの講座の受講を検討して頂き誠にありがとうございます。 総まくり講座2021・司法試験過去問講座2021については、現時点で講義動画を配信している科目のサンプルテキストだけを公開しておりましたが、テキスト(論証集を含む)はほとんど完成しているので、明日、他の科目のサンプルテキストも公開させて頂きますね。 ご検討頂けますと幸いでございます。

2021年05月28日

例えば、平成23年司法試験の事案であれば、立法目的(規制目的)はプライバシー保護にあり、保護されるべプライバシーの重要性や必要不可欠性は、「Z機能画像によるライバシー侵害→犯罪被害等」によって基礎づけられることになります。厳格審査又は中間審査の基準では、「Z機能画像によるライバシー侵害→犯罪被害等」という因果関係について立法事実による支持がないのであれば、「Z機能画像によるライバシー侵害→犯罪被害等」という因果関係がないと扱われることになりますから、法が保護しようとしている「Z機能画像によって侵害されるプライバシー」は、それが侵害されても単なる不快感・不安感等にとどまり、現実的な被害を伴うもの […]

2021年05月25日

令和3年司法試験の受験、本当にお疲れ様でした。また、総まくり講座と司法試験過去問講座をご利用いただきありがとうございます。 司法試験過去問講座2021でも、改正民法に全面的に対応しており、解説及び答案を改正民法を前提としたものに書き直しております。サンプルとして、「平成28年民法のテキスト」を公開させて頂きます。 総まくり講座2021についてですが、論証集も含めると、3カ月ほどかけて教材の改定を行っています。その一環として、補講対象としていた令和1年改正会社法や令和2年以降の最新判例もテキスト・論証集に反映されております。また、旧2021だと2年前の講義動画であるのに対し、総まくり講座2021 […]

2021年05月25日

「予備試験・労働法完全パック」の購入を検討して頂きありがとうございます。 以下が、ご質問に対する回答でございます。 〇総まくり講座2021を受講すれば重要論点を抽出できるようになるか 総まくり講座2021では、インプット講座ではあるものの、アウトプットに直結するインプットを重視しています。なので、重要論点について、事例から抽出できるようになるための工夫の一環として、テキストの記載又は口頭で典型事例等を示すなどしています。それ以外の論点についても、必要に応じて、典型事例を示すなどします。 例えば、刑法における結果的加重犯の共同正犯の論点については、顕在化事例が何パターンもあるため、予めテキストに […]

2021年05月24日

令和3年予備試験短答式の受験、お疲れ様でした。 総まくり講座2021では、憲法・民法・刑法の3科目については、論文試験のみならず短答試験にも対応しております。総まくりテキストの知識と読解思考だけで、9割は取れます。もっとも、総まくりテキストで得た知識の使い方に慣れたり、読解思考重視の問題で必要とされる読解思考のコツを身に付けるために、ある程度は、短答過去問をやる必要があります。 これに対し、行政法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法の4科目については、短答試験には対応しておらず、論文試験で必要とされる知識だけをテキストに集約しております。 というのも、下4法(特に、商法及び刑事訴訟法)については、論 […]

2021年05月24日
論証の納得と妥協について、質問がございます。 私は、旧司法試験時代、択一は毎年受かるものの、論文に落ち続けましたが、最近、法科大学院に既修で入学し、十数年ぶりに司法試験の勉強を再開しました。 旧司法試験時代を振り返ると、予備校の論証例に納得がいかないと多数の基本書や判例集を調べ、徹底的に修正を試みました。しかし、結局は時間が足りなくなり、また覚える時間の確保もできず、本試験を迎えていたように思います。多数の本を調べても結局解決できなかったことも多数ありました。 ところで加藤先生のブログや他の講師や合格者ご発言からは、論証(特に理由付け)の良し悪しは合否にさほど関係ないように思います。ただ、他人の作成した論証は、自分が理解、納得できないとなかなか覚えられないのも事実です。 今後、加藤先生の講座を受講予定ですが、論証例などで自分が納得いかない、理解できないものについては、他の書籍等で修正を試みることはやめて、信頼してそのまま覚えようと思いますが、このような態度でもよろしいものでしょうか。 また、自分が理解できない箇所をメール等で質問できる制度でしょうか?(今考えているのは、1冊だけ調べて、分からなければメール等で質問しそれでも解決できなければ深追いせずにそのまま暗記する感じでいこうと考えています)

第1に、「旧司法試験時代を振り返ると、予備校の論証例に納得がいかないと多数の基本書や判例集を調べ、徹底的に修正を試みました。」というところまでが、法科大学院在学中の私と酷似しています。おそらく、変に完璧主義なところがあるのだと思います。私も、法科大学院合格後から司法試験初受験までの2年半、伊藤塾教材だけで作成した論証を捨てて、1000個以上ある論点について、自分が納得できる完成度の論証を作るために、基本書・判例集・調査官解説を読み漁るとともに、ひたすら論証ノートを作るという作業に明け暮れていました。 私は自分が書いた文章ならすぐにほぼ完璧に記憶することができるタイプだったので、記憶が間に合わな […]

2021年05月23日

今年の司法試験、本当にお疲れ様でした。 少なくとも今期は、加藤ゼミナールの講座について再受講割引はございません。資格スクエアやBEXAでの受講歴を確認する必要があることと、今期講座は講義動画を全て撮りなおすなど全面的にリニューアルしていることが、理由でございます。 なお、週明けには正式告知させて頂きますが、合否発表までの期間を有効に使って頂くために、総まくり講座2021をはじめとする司法試験関連講座について、令和3年司法試験受験者の方々を対象とした合格時キャッシュバックキャンペーンを実施いたします(正式告知前に購入された方も本キャンペーンの適用対象となります。)。 参考にして頂けますと幸いでご […]

2021年05月21日

令和3年司法試験、本当にお疲れ様でした。 例えば、定義・論証等を総まくりテキストの記述通りに答案に書くことができていないというように、不合格の主たる原因がインプット不足にあるのであれば、むしろ使い慣れた旧版の総まくりテキストを継続利用したほうが学習効果が高くなります。 これに対し、不合格の主たる原因が知識不足ではなく理解不足にある場合、講義動画の視聴により理解不足を補う必要がありますので、9月以降も視聴することができる新しい総まくり講座を受講して頂いた方が宜しいかと思います。 参考にして頂けますと幸いでございます。

2021年05月21日

司法試験過去問講座2021の受講を検討して頂き誠にありがとうございます。 資格スクエア時代だと、司法試験過去問講座には、年度ごとの解説とは別に、科目ごとの重要事項をまとめた「総論講義」がありました。 これに対し、加藤ゼミナールにおける司法試験過去問講座2021には、「総論講義」はございません。総まくり講座2021と司法試験過去問講座2021とをセットで受講される方が多い中で、総まくり講座と司法試験過去問講座「総論講義」とで相当重複が生じてしまうからです。 もっとも、今期の司法試験過去問講座2021には、無料で、総まくり論証集7冊が付属しますので、総まくり論証集を参照して頂くことにより科目ごとの […]

2021年05月19日

総まくり講座2021の受講を検討して頂き誠にありがとうございます。 以下が回答となります。 視聴期間終了後の対応の有無及び内容は、状況によって異なります。例えば、2023年12月末に視聴期間が終了し、その直後に法改正や判例変更があった場合には、なるべく、2021版を受講して下さっている方々にもフォローをしたいと考えております。もっとも、その場合、あくまでも契約外のものとして、任意での対応という位置づけになります。 倍速機能はございます。0.25、0.5、0.75、1.0、1.25、1.5、1.75、2.0の8段階での速度調整が可能でございます。 期限無制限の音声DLが付属するという対応はしてお […]

2021年05月19日

総まくり論証集の最大の特徴は、論点の論証だけでなく、制度概要、出題可能性の高い条文、要件(例えば、刑法の構成要件、行政事件訴訟の訴訟要件等)、特定分野における思考・検討手順など、論文試験で必要とされる知識・方法論が法体系に紐付けられる形で集約されている点です。 論証集というネーミングではありますが、実質は、総まくりテキストの内容のうち論文対策として記憶するべきことを集約したものとなっています。 それから、辰已法律研究所の趣旨規範ハンドブックと比べると、論証の正確性と網羅性という点でも、だいぶ差があると思います。

2021年05月03日

リニューアル版の司法試験過去問講座ですが、5月中旬の販売開始時点では憲法のテキストだけの配送となり、その後、8月下旬までの間に、2週間に1科目のペースで、行政法、刑法、刑事訴訟法、民法、商法、民事訴訟法という流れでテキストを配送いたします。動画配信についても同様です。 参考にして頂けますと幸いです。

2021年05月03日

予備試験過去問講座の受講を検討して頂きありがとうございます。 特徴としましては、①秒速総まくり及び論証集とのリンクがあること、②秒速総まくり及び論証集との一貫性があること(これらの教材における知識・方法論に従って解説・答案を書いている)、③問題文に対するアプローチの仕方についても解説があることなどが挙げられます。 価格については、平成23年から令和3年までの合計11年分で100,000~120,000円(税込)を予定しております。 参考にして頂けますと幸いです。

2021年04月21日
75 件の記事
PVアクセスランキング にほんブログ村

記事のカテゴリ

質問コーナーのカテゴリ

講師紹介

加藤 喬 (かとう たかし)

加藤ゼミナール代表取締役
司法試験・予備試験の予備校講師
6歳~中学3年 器械体操
高校1~3年  新体操(長崎インターハイ・個人総合5位)
青山学院大学法学部 卒業
慶應義塾大学法科大学院(既修) 卒業
労働法1位・総合39位で司法試験合格(平成26年・受験3回目)
合格後、辰已法律研究所で講師としてデビューし、司法修習後は、オンライン予備校で基本7科目・労働法のインプット講座・過去問講座を担当
2021年5月、「法曹教育の機会均等」の実現と「真の合格実績」の追求を理念として加藤ゼミナールを設立

執筆
・「受験新報2019年10月号 特集1 合格
 答案を書くための 行政法集中演習」
 (法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 憲法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 令和元年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成30年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成29年」
 行政法(法学書院)
・「予備試験 論文式 問題と解説 平成23~
 25年」行政法(法学書院)

お知らせ

動画コンテンツ

タグ一覧